【携帯2台持ち】スマホ+ガラケーでドコモ料金を5000円節約する方法

スマホ2台持ちの節約術のメリットとデメリット

このスマホ2台持ちの節約術のメリットとデメリットについてまとめておきます。

【メリットその1】料金が年間65000円/台節約できる

一番のメリットは、スマホ料金が月額7000円から1500円になるので、年間で65000円の節約になるという点です。

現在、家族でスマホを2台利用している場合、単純に年間で13万円ほど節約できることになりますね。

【メリットその2】ファミ割、家族間の無料通話は継続できる

音声通話やショートメールを使うための携帯(ガラケー)の方に挿入したsimカードは、これまでと同じようにドコモのものですので、これまでと同じようにファミ割が適用され、家族間の通話は無料のままになります。

【メリットその3】ドコモの端末保障サービスはそのまま継続できる

今持っているスマホがドコモショップの端末保障サービスに入っている場合、SIMロックを解除したとしても、その保障サービスには継続して入ることが出来ます。

スマホは新規購入すると5万円以上するものばかりなので、このサービスを引き続き受けられるというのは、大きなメリットです。

ただし、音声通話用の端末はすでにサービス保障外なので、そちらが壊れた場合は保証されません。

【メリットその4】音声通話用端末は電池切れしにくい

音声通話用の端末はデータ通信をしないため、待ち受けで消費する電力は極わずかなので、あまり音声通話をしない人なら、3~4日は充電しなくてもOKです。

ただ、この腸魅力的なスマホとガラケーの二台持ちによる携帯料金節約方法にはいくつかのデメリットがあることも事実です。

【デメリットその1】キャリアメールが使えなくなる

今回の節約方法は、ドコモのデータ通信プランを契約解除することで料金を節約する方法です。

残念なことに、ドコモのメールアドレス(~@docomo.ne.jp)はドコモのデータ通信プランを契約していないと使えません。

なので、この節約方法を実行するとこれまで使っていたアドレスを変更する手間がかかります。

具体的には、スマホなどに標準で入っているGmailというような無料のフリーメール(~@gmail.com)を使うことになり、最初はちょっと戸惑うことになるでしょう。

ただ、メカが苦手な私の妻も、なんだかんだいって1~2カ月もすればGmailを使いこなせるようになり、今では周りの人にその設定方法などを教えるぐらいになっています。

この点は周りの人に協力してもらいながら、最初のめんどくさいを根性で乗り越ればOKですので、特に心配しなくて良いでいいでしょう。

【デメリットその2】違約金が発生する場合がある

今持っているスマホを割賦(分割払い)で購入している場合、データ通信プランを解約するときに違約金が発生する場合がほとんどです。

ですから、ドコモに行くと窓口の人に「違約金が発生してしまいますが、よろしいですか?もう少しこのままでいて、割賦払いが終了するころまで待った方がお得ですよ。」なんてことを言われます。

そこで「えっ、そうなの!?」ってなると思いますが、動揺しないでください(笑)

このドコモの携帯二台持ちの方法は、月額5000円ぐらい料金を節約する方法ですから、例えここで違約金を30000円払ったとしても、たった半年で元が取れてしまいます。

5000円(毎月の節約額)×6カ月=30000円

ドコモの窓口で言われた通り、時期を待ってこの方法を実行しようと思っても、その時にこの方法を実行できるだけの気力と余裕があるかわかりません。

やる気になっている今、思い切って違約金を払ってしまって、毎月5000円節約できる状態を完成させてしまい、ここから先はドコモの携帯料金で頭を悩ますことのない状態を作り出していってください。

【デメリットその3】端末を2台持つのが面倒

この方法では、常に端末を2台持つ必要があるので、それが面倒です。

充電器に互換性がない場合は、旅行の時などに充電器も2つ持っていく必要もでてきます。

その辺りはどうしてもそうなってしまいますので我慢しましょう。

最後に一言

今回は、【月額1500円】ドコモのスマホ2台持ちで携帯料金を節約する方法についてお話しました。

この方法は、ちょっと手間がかかって面倒なのですが、通信費を年間で数万円~十数万円も節約する事が出来ます。

スマホの料金が高くて、どうにか節約できないかと考えているのであれば、是非挑戦してみてくださいね。

それでは!