【携帯2台持ち】スマホ+ガラケーでドコモ料金を5000円節約する方法

ドコモのスマホ料金節約に必要なもの

まずは、ドコモのスマホ料金を節約するために必要なものを紹介します。

ドコモのスマホとガラケー(スマホ2台でもOK)

【携帯2台持ち】スマホ+ガラケーでドコモ料金を5000円節約する方法

まずはじめに必要なものは、ドコモのスマホ(折りたたみのガラケーなども可)を2台用意します。

この2台をどのように使っていくかというと、右側のスマホをデータ通信専用(インターネット、Eメール、Facebook、LINEなど)の端末とし、左側を音声通話専用(ショートメール含む)としていきます。

データ通信用の端末はネットやアプリを使用するため、比較的新しくて高性能なものを用意しておいたほうがよいと思います。

音声通話用の端末は、音声通話とショートメールしか使いませんので、使い古しのものでOKでしょう。

今の段階では、音声通話とデータ通信で携帯電話を使い分けるんだなぁと思ってもらっておけばよいでしょう。

音声通話用のSIMカード(ドコモ)

ドコモのスマホの中に入っているSIMカード

次に準備するものは、今現在使っているガラケーやスマホの中に入っているSIMカードです。

今回は、このSIMカードを「音声通話専用のSIMカード」として活用していきます。

具体的には、現在加入しているデータ通信のプラン(パケホーダイなど)は解約してしまい、音声通話のみ(タイプXiにねんなど)のプランにします。

そして、そのSIMカードを音声通話用の端末(先ほどの写真の左側の折りたたみのガラケー携帯)に挿入する事で、その携帯は音声通話とショートメールのみ使用できるようにしていきます。

そうする事によって、音声通話の端末の月額料金は、一番安いタイプXiの月額料金743円+通話料だけになります。

データ通信用の格安SIM

そして、次に準備するものは、データ通信用の格安SIMと呼ばれるものです。

例えば、私が使っているDMM.comでは、月額712円(税込み、1GB)というものがあります。

DMMのSIMカードは申込みから5日で到着

このようなSIMカードを購入し、データ通信用のスマホの方に挿入します。

そうする事によって、こちらのスマホでは月額660円でデータ通信(インターネット、Eメール、Facebook、LINEなど)を利用することが可能になります。

先ほどの音声通話用のSIMカード(ドコモ)の利用料金をあわせても、月々の支払いは合計で約1500円(税込み)という感じ。

この段階では、スマホ2台持ちのシステムを構築すれば、携帯料金が月額1500円になるということを理解しておいてください。

次のページでは、スマホ2台持ちにするための具体的な手順についてお話していきます。