Gmailが送れない(相手に届かない)7つの原因と対処法

メール送信後に英語のエラーメールが届く

メールを送信した後に英語のエラーメールが返ってくる

Gmailでメールを送信した後に変な英語のメールが返ってきて、送ったはずのメールが相手に届いていない場合は、1.メールアドレスが間違っているか、2.添付ファイルのサイズが大きすぎるか、3.受信者の携帯電話で迷惑メール設定をしている可能性があります。

1.メールアドレスが間違っている場合

宛先に入力したメールアドレスが間違っている場合、送信エラーを通知する英語のメールが返ってきます。

たとえば、返信されてきた英語のメールの文面に、

  • The email account that you tried to reach does not exist.
  • unknown user

という文がある場合、宛先のユーザ名(@より前)が間違っている可能性があります。

また、返信されてきた英語のメールの文面に、

  • DNS Error: Domain name not found
  • Host unknown

という文がある場合、宛先のドメイン名(@より後ろ)が間違っている可能性があります。

このような場合は、宛先のメールアドレスを修正して、メールを再度送信してみて下さい。

2.添付ファイルのサイズが大きすぎる場合

メールに添付したファイル(写真や動画など)のサイズが大きすぎる場合、相手側のファイル制限でメールが受信できず、その旨を伝えるための英文のエラーメールが返ってきます。

たとえば、返信されてきた英語のメールの文面に、

  • Message size exceeds fixed limit
  • Message size exceeds maximum value

などと書かれている場合、相手側が受け取れるファイルサイズの容量に対して、送信しようとしているメールの添付ファイルのサイズが大きすぎるために、メールが送信できなかった可能性があります。

そのような場合は、写真の画質を落としたり、複数のファイルを送る場合、メールを分割して送るなどしてみてください。

3.メール受信者側の携帯で迷惑メール設定をしている

メールアドレスも正しいし、添付ファイルの容量制限も守っているのに以下のようなエラーメールが届いてしまい、メールが送れないという場合もあります。

エラーメールの例1

エラーメールの例2

Gmailでエラーメールが返ってくる2

このような場合は、受信者の携帯電話で迷惑メール設定をしている(多くの携帯でGmailやパソコンからのメールを受信しないような設定がなされている)という可能性があります。

この場合は、相手側の携帯電話のドメイン指定受信という設定項目で、あなたのメールアドレスのドメイン(メールアドレスの@より後ろ側の文字列のこと)を許可リストに追加してもらう必要があります。

  • メールアドレス;abcdef@gmail.com
  • ドメイン;gmail.com ← Gmailの場合このドメインを登録してもらう

相手側でその設定をしてもらうことができさえすれば、送信後にこのような英語のエラーメールが送られてくることがなくなり、相手にもメールがちゃんと届くようになります。

>>ドメイン指定受信の方法

ほとんどの場合、この設定をしてもらえれば特定の人だけにメールが送れないという症状は改善されますので、一度相手の人に上記の設定を確認してもらってみてください。

次のページでは、受信者側の端末設定などに原因がある場合の対処法についてお話していきます。