【ドコモ解約】MNP番号を取得して他社に乗り換える具体的な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】ドコモインフォメーションセンターに電話する

ここからは具体的な解約手続き(MNP予約番号取得)の方法についてお話していきます。

まず、下記のドコモインフォメーションセンターに電話をかけていきましょう。

ドコモインフォメーションセンターの電話番号

出典)定期契約期間満了のご案内|NTT docomo

電話を掛けると、自動音声が聞こえてきますので、下記の手順で操作していきます。

  • 「4」を押す;新料金プランを含む料金プランの確認など
  • 「2」を押す;MNP予約番号の発行など

ここまでくるとオペレーターに繋がるのですが、オペレーターに繋がるまで5~10分ほどかかる場合がほとんどですので、根気よく待ちましょう。

オペレーターに繋がったら「MNP予約番号を発行したいのですが・・・」と伝えていきます。

すると、オペレーターの方から本人確認のための質問が2~3点ほどあり(携帯電話番号、生年月日など)、その後、どういった理由で解約するのかなど質問されます。

  • 乗り換え先はどこでしょうか?
  • 乗り換え先の料金はおいくらほどでしょうか?
  • 乗り換え後の端末はどうする(購入される)予定ですか? 

場合によっては、この時点でドコモのプラン変更などを勧めてくる場合もありますが、必要のない場合ははっきりと「結構です。」と答えれば、しつこく勧誘してくる事はありませんでした。

このあと、解約に関する説明などがあり(約10分ほど)、最後に以下の内容が口頭で伝えられますので、メモを取っておきます。

  • MNP予約番号;**** *** ***(10桁の数字)
  • 予約番号の有効期限;○月○日まで(15日間)

ドコモのインフォメーションセンターでの手続きはこれで完了となります。

なお、MNP予約番号発行の電話から1~2週間ほどで、ドコモの方からMNP番号発行に関する確認用書類が届きます。

ドコモから届くMNP結果通知中の書類にはMNP予約番号などが書かれていますが、特にこの書類を使って行うことはありませんので、一連の乗り換え手続きが終わったら破棄してしまいましょう。

【STEP2】乗り換え先でMNP予約番号を使って新規契約する

あとは事前に決めておいた乗り換え先の携帯電話会社にMNP予約番号を伝えて新規契約を行っていきます。

MNP予約番号を使って新規契約をすれば、電話番号はそのまま引き継がれ、乗り換え先のスマホでも以前の番号のまま利用し続けることができます。

また、MNP予約番号を使って乗り換えをした場合、ドコモの契約は乗り換え先の契約が締結された時点で自動的に解約となります。

逆に言えば、ドコモでMNP予約番号を発行したにもかかわらず、別の携帯会社でその予約番号を使って契約しなかった場合、ドコモの契約が残ってしまいます。

MNP予約番号の有効期限が切れてしまった場合、もう一度ドコモのインフォメーションセンターに連絡すれば再発行(無料)してもらうことは可能です。

ただ、またドコモにMNP番号を発行してもらう電話をするのは二度手間で面倒ですので、乗り換え先などは決めてから手続きを進めていくのがベターだと思います。

お疲れさまでした。

これで、ドコモのスマホ解約とMNP予約番号の発行が完了しました。

最後に一言

今回は、【ドコモ解約】MNP番号を取得して他社に乗り換える具体的な方法についてお話しました。

携帯やスマホの解約やMNP予約番号を使った乗り換えが初めての人にとっては少し難しく感じる内容かもしれませんが、とりあえずやりはじめてみればなんとかやり遂げられるレベルの手続きだとと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました