【格安スマホ】Black View BV5500の評判レビューと購入時の注意点

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BV5500の購入と初期設定について

アマゾンで購入してから1~2日ほどでBV5500が家に届きました。

Black View BV5500の外箱

BV5500を買う際の一番の注意点は、BV5500は3G(通信が遅いタイプ)のみの対応で、BV5500Proの方は4G LTEにも対応しているという点です。

とにかく購入費用を抑えたい場合や、ロケットモバイルの格安SIM(神プラン)+Wifi通信などで活用していく場合はBV5500(12000円程度)の方を買えばいいと思いますが、一般的には4G(LTE)の高速通信を使うことができるBV5500 Pro(14000円程度)の方を購入しておいたほうがいいでしょう。

Black View BV5500の付属品

BV5500の付属品は、ACアダブターとUSBコード、マイク付きイヤフォン、SIMカード交換用ピン、液晶保護シート、取扱説明書(日本語)です。

BV5500のSIMカードの挿入方法

スマホの初期設定をしていくため、説明書を読みながらSIMカードを挿入していきます。

BV5500側面のSIMカードカバー

BV5500SIMカードの防水カバーを開けた

SIMカードを取り出す工具を差し込む

BV5500はデュアルSIMスタンバイ

BV5500に格安SIMカードを取り付ける

格安simをBV5500に挿入

BV5500はドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの通信網に対応しているので、楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できます。

ただし、auの通信網には対応していないため、mineoなどのau対応の格安SIMは利用できないという点に注意が必要です。

また、SIMカードのサイズはnanoシムとなっていて、SIMカードを一枚しか使わない場合、空いている方のスロットルにTFカード(SDカード、nanoSDサイズ)を一枚挿入できます。

SIMカードを挿入できたら、次は初期設定です。

BV5500の充電コネクター

スマホは届いた段階で半分ぐらい充電されていませんでしたので、充電してから初期設定をはじめました。

BV5500の充電コネクターはMicroUSBなので、一般的なAndroid系のスマホと同じ形状をしています。

BV5500の電源スイッチを押して起動すると、こんな感じで立ち上がってきました。

BV5500の起動画面

BV5500の起動画面2

後は言語(日本語)を選んでSTARTをクリックして、表示される指示に従って一般的なAndroid系のスマホと同じように設定をしていけばOKです。

BV5500の初期設定直後のホーム画面

設定が終わったらこんな感じの見慣れたホーム画面が出てきます。

そして、今度はSIMカードの説明書に従ってAPN設定(SIMカードの通信設定)を行います。

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク設定」→「アクセスポイント名」→「新規作成」という風に進んでいくと、下記のような画面が出てきます。

アクセスポイントの編集

ここで格安SIMなどを購入した際に付属していた説明書に記載されているAPN設定の情報を入力していきます。

DMMmobileの格安sim設定方法

この設定が完了したら、とりあえずはスマホの初期設定は完了です。

BV5500の初期設定直後のホーム画面

次のページでは、このスマホの実際に使用してみた感想についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました